芸能人モデルも絶賛!!小顔アイテムがナント【980円】

2011年07月11日

太陽電池 ソーラーパネルの歴史

太陽電池の基本原理は、1839年フランスの物理学者「アレクサンドル・エドモン・ベクレル」によって最初に発見されていました。実際に発電が可能になったのは、1884年アメリカの発明家「チャールズフリッツ」の、半導体性のセレンと極めて薄い金の膜とを接合したもので、これにより得られた変換効率はわずか1%ほどでした。
太陽電池の先駆けは、アメリカのベル研究所にて開発された「単結晶シリコン型太陽電池」です。太陽光のエネルギーを電力に変換する効率を6%にアップ。当初は、宇宙用が主な用途でした。太陽電池を用いた最初の人工衛星ヴァンガード1号[1]は6年以上動作し、その有用性を示しました。その後、無人灯台など徐々に用途を拡大して、日本でも1960年代に量産が開始されました。電源としての本格的な開発が始まったのは、1974年の石油ショック以降で、生産量は、2004年、世界全体で約1.2GWになりました。
変換効率は、2006年、変換効率40.7%の多接合型集光セルが開発され、高性能化が進んでいる。一般市場向けの製品では、省資源化と低コスト化が進んで、市場が急拡大している。2000年から2006年まで、シャープが太陽電池製造量世界一。2007年末の日系メーカーの太陽電池生産シェアは24.6%で、世界一のシェアです。近年では、中国や台湾の生産量が急激に増えています。


posted by ソーラーパネル at 11:42| ソーラーパネルの歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。